技術・家庭科

教科別指導内容 技術・家庭科

技術科

技術科は製作を主とする教科である。人間は道具を使い物を作ることで生活を改善し、豊かさを追求してきました。
素材に働きかけ、自己の知識や技能を最大限に利用して物を作る。 先人の知識を尊い、無駄を省き、資源を大切にする。教科としては 物を作る事を通して、このような「豊かな心」を養えるよう努力していきます。
●合計単位数(4)・・・・中学1年(1単位)、中学2年(1単位)、中学3年(2単位)
●授業内容は木工室での製図・木材加工、技術室で行う機械加工、電気実習
マルチメディア教室での情報の他に一般教室で住宅設計を行います。

技術科

家庭科

家庭科では衣食住と消費生活についての学習を中学で行い、高校では食住と保育、家族家庭の法律を学びます。また、高校のみ調理実習を行います。
●合計単位数(3)中学2年(1単位)、高校2年(2単位)

調理実習1

調理実習2