数学科

教科別指導内容 数学科

教科の方針・指導授業内容について

中高一貫教育という6年間の自由な枠組みの中で、数学の授業内容を独自に研究してきました。
以前、中学では成城オリジナルテキストを使用し、中学段階でも十分習得可能である発展的内容については高校数学を積極的に取り入れ、「単元別先取り学習」によって体系的かつ効率的に学習を進めてきました。

現在では「体系数学」シリーズを教科書に使用し、これまでの学習方法の上にオリジナルテキストも活用しながら、より深い数学的な知識の追求や数学の歴史を含めた数学全般にわたる学習を行っています。

高校段階では、中学での学習をふまえ、高校2年までに十分な問題演習とあわせて教科書の内容をほぼ終わらせ、大学受験を見据えた基礎学力をつけていきます。
高校3年では、問題演習を通して、大学受験に必要な知識の習得および応用力の養成を行います。

中学校カリキュラム_計算練習に特化した「数学3」

成城独自の数学テキスト