クラブ活動
2015年11月05日
卓球部:新宿区総合体育大会兼新人戦結果報告

10月25日日曜日、新宿コズミックセンターで、新宿区総合体育大会兼新人卓球大会が行われました。

我らが成城中学卓球部からは、中1生と中2生の合わせて24名が参加しました。中2生は中3生の引退後の初の公式試合で、これから部活を担い、引っ張っていくことを示す初陣でした。一方、中1生は中3生の引退によって広くなった練習場で本格的に練習が始まり、卓球大会へデビューするという記念すべき試合でした。どちらの学年も、夏の合宿の成果を証明する重要な試合です。

個人戦は、トーナメント形式でした。勝ち抜いていけばいくほど、強い選手と当たり、しのぎを削るゲームになっていきます。5セットマッチの3セット先取なので、セット内での競り合いによってフルセットまで試合が展開されることもありました。当然ながら、普段一緒に練習をしている同校の仲間と当たり、征していかなくてはならないこともあります。部員の数も多いので、何人かの生徒は仲間に当たっていました。そんな時には精神力と集中力、そして普段の練習の積み重ねがポイントとなってきます。今回、仲間同士で当たってしまった生徒も、他校の選手と当たった生徒も、勝っても、負けても、次回に向けて反省と決意をしていました。

個人戦では、中学2年生の部では、1人が優勝を決め、ベスト8に入りました。1年生の部では、ベスト8入りが5人、そのうち2人が準優勝と3位でした。

団体戦は、7連覇がかかっていましたが、無念にも1回戦敗退でした。中2生を主導としたチームはこの秋に始動したばかりです。まだまだ改善すべき点や未熟な点はたくさんありますが、この敗北から多くを学び、大きく成長してくれることでしょう。次の試合への期待は高まるばかりです。

ベスト8入りを果たした3人。良い笑顔です。

ベスト8入りを果たした3人。賞状とメダルを手に、晴れやかな笑顔です。

デビュー戦でのサーブ。1年生といえども、先輩顔負けの表情です。

デビュー戦でのサーブ。1年生といえども、先輩顔負けの表情とフォームです。

上級生としての意地を見せつける気合いのサーブ。気迫が漂います。

上級生としての意地を見せつける気合いのサーブ。重たい気迫が漂います。

 

普段練習を共にする仲間との勝負。いかに仲間でも勝利は譲れません。お互いに全力でぶつかり合います。

普段練習を共にする仲間との勝負。いかに仲間でも勝利は譲れません。お互いに全力でぶつかり合います。

普段のラリー練習が生かされる時が来ました。真剣さはもはや上級生にも負けません。

普段のラリー練習が生かされる時が来ました。真剣さとボールへの反応速度は上級生にも負けません。

団体戦のダブルス。中3引退後に汲まれたペアでの初出場。緊張の面持ちです。

団体戦のダブルス。中3引退後に組まれたペアでの初出場。緊張の面持ちです。

初戦敗退の重苦しい空気に包まれた挨拶の様子。しかし、ここから這い上がってこそのチームです。成城健児の次回の活躍に期待!

初戦敗退の苦い空気に包まれた様子。しかし、ここから這い上がってこそのチームです。成城健児の次回の活躍に期待!

 


 

  • キーワード検索