クラブ活動
2019年07月17日
体操部:川崎市民春季体操競技大会

6月9日(日)に川崎市民春季体操競技大会がとどろきアリーナにて開催されました。
本校からは中学生5名、高校生2名で参加しました。
本大会は中学生・高校生の競技が同日で行われますので、大会に参加しない生徒も応援、補助役員としてかけつけてくれました。
【中学生】
去年、一昨年と団体総合優勝を果たしている本校は、3連覇を目指して演技を行いました。
鉄棒からの演技。比較的苦手な種目ですが、予定された演技構成を着実に実施していきます。
5人中3人が着地をピタリと止める会心の演技で、最高の滑り出しとなりました。
続いての種目は最も得意としている「ゆか」です。トップバッターが高得点をマークし、続く演技者に勢いを与えてくれます。
ひねりを得意としているエースの選手はフィニッシュの後方宙返り2回ひねりをピタリと止め、種目別優勝を果たしました。
ゆかのチーム得点(団体選手4名の得点のうち上位3名の合計得点)は参加チーム中1位でした。
続いてはあん馬。中体連の大会ではあん馬の得点はチーム得点に加えられませんが、本大会では加えられます。
中体連の大会において団体で上位入賞を目指している本校は、中学生のうちはあん馬の練習に重きをおいていないため、ここで順位を下げることになりました。
最終種目の跳馬。春の都大会では転倒や技を変更するなど、点数の伸ばせなかった種目です。
途中、転倒しそうなところをなんとか踏ん張った場面もありましたが、失敗することなく演技を終えることができました。
結果としては惜しくも団体総合2位。あん馬の得点が響いた結果となりました。
団体総合3連覇は果たせませんでしたが、ノーミスで演技を終えられたため、夏の関東大会予選に向けてはずみとなる大会になりました。

-結果-
団体総合:2位、個人総合:6位、ゆか:優勝・4位・6位、跳馬:2位・3位
【高校生】
同日で模擬試験があったため、団体で出場することはできませんでした。
また、参加選手が多く、3時間弱という長時間の試合となったため、集中力の維持が難しく所々で失敗が目立ちました。
普段の練習では失敗することのない技での失敗もあり、思うように得点が伸ばせません。
そんな中でもそれぞれ得意とする種目で賞状を獲得。長時間におよぶ試合の運び方を学ぶことになった大会でした。
次の大会はお盆に行われる東京都種目別大会。
全種目での優勝を目指し、今回参加できなかった高校2年生も含め、技を磨いていきたいと思います。

-結果-
ゆか:5位、鉄棒5位

川崎表彰川崎集合

 


  • キーワード検索