クラブ活動
2019年07月24日
山岳部新入生歓迎登山

去る4月28日、山岳部は新入生歓迎登山に行ってきました。

 

本校の山岳部は、なんと今年で創部100年目という成城の数あるクラブのなかでも伝統のあるクラブ団体です。毎年5月の連休を利用して、新高1の入部希望者と共に、日帰りで関東圏内の山へ出かけます。

 

今年は山梨県の大菩薩嶺(2,057m)・熊沢山(1,978m)に行ってきました。以下は行程と、実際に活動に参加した高1生徒の感想文です。

 

行程

甲斐大和駅(8:10発)→(バス約45分)→上日川峠→(30分)→小屋平→(1時間10分)→石丸峠→(30分)→大菩薩峠→(15分)→賽ノ河原→(50分)→大菩薩嶺→(50分)→福ちゃん荘→(20分)→上日川峠(14:00発)→(バス約45分)→甲斐大和駅(解散)

 

高1生徒の感想文

「大菩薩峠の日陰では凍っている場所もあり、滑っている人が多かったため、しっかりとした装備をしていくべきだと実感した。今回の高校1年生は、ばてることなく全員が登り切れていたことは良いことだと思う。一部ばてる人が出てしまったが、いかにその人をサポートするか、これをこれからの課題として考えていきたい。先輩、後輩でしっかりと交流できていたためこれからの山行に期待したい。」

 

なんとも頼もしい高1生の感想です。文章にもあるように、先輩、後輩間で声をかけ合う様子が見られ、活気のある登山でした。特に高3生は例年にも増して声を出し後輩を指導する様子が印象的であり、2年間彼らの様子を見てきた顧問としては「成長したなぁ…」と、しみじみと思わされる良い登山でした。登山を通じて、体力的にも精神的にも強くなっていく生徒の様を見るのは良いものです。

 

 

次回は6月の丹沢登山を予定しています。高1にとっては初のテント泊です。油断せずしっかり準備をして活動に臨みましょう。

 

 

 

  • キーワード検索