クラブ活動
2019年08月05日
中学硬式テニス部:東京都中学校総合体育大会都大会
関東大会出場を決めた団体戦メンバー

関東大会出場を決めた団体戦メンバー

 

7月25、26日に八王子市の松木公園にて、東京都中学校総合体育大会のテニスの部(団体戦)が行われました。東京都には第1~9ブロックまでありますが、各ブロック予選を勝ち抜いた合計20校が、上位進出を目指してしのぎを削りました。

第2ブロックの予選を1位通過した本校ですが、都大会の個人戦での成績が今一つ振るわなかったこともあり、この都総体団体戦では第12シードとかなり厳しいドロー(組み合わせ)となりましたが、選手たちはしっかりと前を向いて練習、準備を重ねて大会の日を迎えました。

初日はベスト8まで決まることになっていて、東京都から関東大会へは7校が進めることもあり、初日突破が大きな山場となります。1回戦は5勝0敗と順調に滑り出し、2回戦も3勝0敗で突破。いよいよベスト8をかけ、今回第5シードで何度も全国大会出場の経験を持つ伝統校との対戦となりましたが、ここでも選手たちは臆することなく試合に臨み、1、2回戦の勢いもいかした形で、難敵との対戦を3勝1敗で制することに成功しました。

この試合では選手たちはもちろん頑張りましたが、強い日差しと高い気温と湿度の中、拍手を中心とした応援で選手たちを大いに鼓舞してくれた応援団の部員たちの頑張りも、勝ち上がりの大きな要因だと感じた一戦でした。個人戦とはまた少し異なり、学校の名前を直接背負いながら行う団体戦は、選手も応援団も一体になれる魅力があると考えています。

翌日は、いよいよ関東大会進出をかけた試合の一日となりました。最初はベスト4進出をかけて、第4シードのこちらもまた伝統校であり強豪校でもある学校との対戦でしたが、善戦むなしく0勝3敗で落としてしまいました。しかし、7校が関東大会進出となるため、ベスト4に進めなかった学校同士の対戦で、1度勝てば5位での通過となります。そうなると次の一戦が重要な試合となるわけで、選手たちと応援団はここでも気合を入れて試合に臨んでくれました。個々の戦績で難敵に間違いのない第8シードの伝統校との対戦、この試合でも、前日の最後の試合と同様に、勝負所での踏ん張りが大きく、しっかりポイント、ゲームを積み重ね、最終的には3勝1敗で勝ち抜き、久々の関東大会出場を決めてくれました。

まもなく8月6、7日に千葉県総合スポーツセンターで行われる関東大会ですが、こちらは全国大会へと繋がっています。悲願の全国大会出場をかけて、今度も恐れることなく、劣勢でも下を向かずに元気に試合に臨んでもらいたいです。もちろん緊張しないわけはないのですが、ひりひりする場面をいかに楽しみながらやれるか、そこで勝負の行方は変わってくるでしょう。まずは、自分たちの今の実力を思いきり発揮してほしいと思います。そうすれば、自ずと結果もついてくるはずです。チーム全員で心を一つにし、強い団結力で目標達成を目指してください。

選手、顧問、保護者

選手、顧問、保護者一同 次は関東突破!

 

 

 

  • キーワード検索