キャリアガイダンス

学習・進路指導

近年、グローバル化や少子化に対応するため、各大学は改革を進め、入学試験制度も多様化・複雑化が進み、今後もこの傾向が続くことが予想されます。本校では、こうした現状に対応し、「希望する進路実現」を可能にするため、現在、進路指導の改革を進め、データ分析と正確な情報提供、キャリア教育、学習方法の最適化などについて議論を重ねています。

中3

職業体験・職業インタビュー

キャリア教育の導入として、身近な社会人に職業インタビューを行い、レポートは文化祭で展示しています。また、希望者は職業体験を行っています。

卒業研究

関心領域の明確化、学習意欲の喚起、表現技術の向上を図りつつ、将来、大学で学問する土台形成を目指しています。

高1

文理適性検査

高1の9月に、性格・興味に関する検査と能力に関する検査の双方の結果を踏まえた適性判定を行っています。結果は、11月の三者面談などで活用しています。

未来の履歴書

キャリア教育の本校オリジナル教材。架空の履歴書を作成することで、就職に必要な学歴・資格・経験を逆算して考えるきっかけにします。文系・理系を、科目の好悪、得意・不得意といった近視眼的な選択基準からではなく、将来を考えて慎重に選択してほしいという意図で設計しました。今年度の社会人一年生が、実施元年の卒業生ですが、中には「未来の履歴書」と全く同じ学歴・就職先というOBもいます。

高1~高2

オープン・キャンパス

本校の徒歩圏には早稲田大学・東京理科大学があり、公共交通機関を利用すれば、比較的短時間で、様々な大学を訪問することが出来ます。こうした好立地を利用して、オープン・キャンパスの参加を促しています。

高2

校内大学ガイダンス

文理選択後の志望系統・学部決定の一助として、毎年、大学の教職員の方を本校にお招きし、各自の希望に従い、ガイダンスを聴講させています。

その他

合格体験記

合格者に体験記を書いてもらい、彼らの奮闘の過程は、後輩の進路選択や、学習方法の改善に役立てています。